ドラレコ速報 事故ニュースまとめ

ドラレコの危険・事故映像の紹介をしていこうと思います。
ひき逃げニュースや事故のまとめもしていますので
お気に入りに追加よろしくお願いします。相互RSS大募集

    ドラレコ速報
    千葉県八千代市の市道で昨年11月、自動運転機能を備えた日産自動車の試乗車を運転中に人身事故を起こしたとして、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)容疑で書類送検された男性客(38)ら3人について、千葉地検は30日、不起訴とした。

    理由は明らかにしていない。事故を巡っては、男性客に誤った指示をしたとして、同社販売店の営業社員(28)と店長(46)も業務上過失傷害容疑で書類送検されていた。

    【【千葉】自動ブレーキ作動せず試乗車で事故 客ら3人不起訴】の動画を見る

    f3qf21f2f
    ドラレコ 自転車の衝突から危険な展開に!
    自転車2台の前から来た逆走自転車が原因で、衝突してしまいロードバイク?乗りが車道に投げ出される、車側の危機一髪映像。
    車の運転手の反応が良かったことから、大惨事にはならなかったものの、とても危険に思える動画です。自転車のルール違反が原因で、死亡事故にも繋がりこういう衝突も起きてしまうので何らかの対策をしないといけないように感じます。
    2本目は彼女が公道を仮免許練習中に「へたくそ」と言われたことから、運転を彼氏に代わり追いかけてブチギレる映像。
    迫力満点の映像!
    問題に思えるポイントは2つで、映像で出てくる道路、「通学路制限速度30キロ」を何キロで走っているか?オレ的にはかなりの速度で走行しているように見え、危険に思えます。(大阪で通学路暴走動画を投稿した2人は逮捕されたような・・・)そしてもう一つは追いかけて、プリウスの運転手にブチギレているシーン。運転手はすぐに何度も謝りますが、それでもおさまらないようで降りていって何かを言っているように見え、最後は彼女に男女2人(プリウス)が謝りにきています。謝罪を強要した?(過去にはコンビニで店員と客のトラブルから謝るように強要して逮捕されたのがあったような・・・)もし恫喝するような謝罪を強要した場合・・・

    【【ドラレコ】自転車同士の衝突で車道に転がる 車乗り必見!危機一髪】の動画を見る

    gewgwegewg
    栃木・下野市で23日夜、自転車の男子高校生が乗用車と衝突し、死亡した。

    23日午後9時半ごろ、下野市細谷で、自転車で帰宅途中の高校1年生・高橋頌平さん(16)が、国道を横切ろうとしたところ、乗用車と衝突し、高橋さんは搬送先の病院で死亡が確認された。
    現場は信号のないT字路で、警察は、乗用車の男性から事情を聴いている。

    【【栃木】自転車の男子高生と乗用車が衝突事故 高橋頌平さん(16)死亡 下野市】の動画を見る

    g42g32g3g
    愛知県東海市で無免許で追突事故を起こし、2人に軽傷を負わせたうえ逃げたとして、無職の男が逮捕されました。

    無免許運転過失致傷の疑いで逮捕されたのは、住所不定の無職・板垣愛彦容疑者(45)です。

    板垣容疑者は今月6日、無免許で車を運転して東海市加木屋町の交差点で信号待ちの乗用車に追突し、乗っていた東海市の看護師の女性(44)と長男(14)に軽傷を負わせたうえ、逃げた疑いです。

    【【愛知】無免許で追突事故おこし逃走 男(45)逮捕 東海市】の動画を見る

    f23f32f3f
    24日午前9時すぎ、静岡県磐田市で横断歩道を歩いていた近くに住む大塚翔斗くん(5)が走ってきた車にはねられました。
    翔斗くんは足の骨を折る重傷とみられ、衝突した車は白色でそのまま西方向に逃げたということです。

    現場の横断歩道に信号機はなく、警察によりますと、翔斗くんは1人で歩いていたとみられています。警察は、目撃者から話を聞くなどして逃げた車の行方を追っています。

    【【静岡】横断歩道を歩いていた男児がひき逃げされ重傷 磐田市】の動画を見る

    f23f23f234f3
    20日午後4時45分ごろ、東京都調布市仙川町の都道交差点で、元SMAPの木村拓哉さん(44)の運転する乗用車が、信号待ちしていたバイクに追突し、弾みでバイクが前に止まっていた乗用車に衝突した。けが人はなかった。

    警視庁調布署が事故原因を調べている。

     調布署によると、木村さんの乗用車は一度停止した後、少し進んでバイクに追突したとみられる。木村さんは「考え事をしていて、ブレーキから足を離してしまった」と話しているという。

    【【東京】木村拓哉さんの車がバイクに追突「考え事をしていて」 ケガ人なし】の動画を見る

    このページのトップヘ