p1l


・次期新型NSX 新型NSXのボディには、超高張力鋼やアルミニウムを組み合わせた複合素材製のスペースフレーム構造をアキュラで初めて採用するという。 まだ日本発売は未定だが、予想されているミドシップに搭載される75度V型6気筒直噴ツインターボ・エンジンの排気量は3.5リッターであることも明らかにされた。
潤滑方式はドライサンプで、パフォーマンスと燃費を向上させるため、フロントに1つ、リアに2つ、合計3基の電気モーターと9速デュアルクラッチ式トランスミッションを使ったハイブリッド・システムが採用される。この最も進化したアキュラ(ホンダ)の「SPORT HYBRID SH-AWD(スポーツ・ハイブリッド・スーパー・ハンドリング・オール・ホイール・ドライブ)は、4輪の駆動を自在に制御することでコーナリング性能を高め、パワー・ユニットはアキュラ車史上最大のトルクを発生するという。