fcvwqcvwqcvwf3無題
27日午前4時50分ころ、京都市西京区樫原盆山の国道9号線で通りがかった男性から「人が倒れている」と警察に通報がありました。
警察や消防が駆けつけたところ、陸上自衛隊桂駐屯地に所属する自衛官、林勝美さん(52)が路上で血を流して倒れていて、林さんは病院に運ばれましたが全身を強く打っていて、まもなく死亡が確認されました。
警察によりますと、現場に傘や弁当が落ちていたことから、林さんは近くで買い物をしたあと、道路を横断しようとして右から走ってきた車にはねられたとみられるということで、警察はひき逃げ事件として捜査しています。

現場は阪急桂駅から西に1点5キロほど離れた片側2車線の緩やかなカーブで、当時は雨が降っていたということです

道を渡っていた林さんが車やバイクなどにひかれたとみて、ひき逃げ事件として捜査している。
引用元
NHK
http://www3.nhk.or.jp/lnews/kyoto/2014750791.html?t=1480233620275
日テレ
http://www.news24.jp/articles/2016/11/27/07347579.html


無g43g234g3g3題

無f24f24f24f24f題

cvwqcvwqcvwf3無題
現場は片側2車線の国道9号線
・27日午前4時50分ごろ、道路を横断しようとしていた男性が右から来た車またはバイクにはねられたひき逃げ事件。男性は死亡。事故当時は雨が降っていたという。付近には弁当が落ちていたということで持ち帰りでお店に寄った帰りの事故で、複数の車両が絡んでいておそらく遺留物などから車、バイクだと断定したと思われます。
現場にはブレーキ痕がなかったようなので、前方不注意による事故だと思われますが何故ホシは逃げたのか?最初にはねた車は衝突音、衝撃があり人をはねたのを認識して逃げた可能性あります。バイクははねられた後にひいたと予想できます。


g34g32g3g3無題
現場は緩い上り坂の緩い右カーブで制限速度50キロ
オレ的予想(的中率1%)※オレ調べ
・ひき逃げのホシの進行方向は京都市方面から西京区方面に向かっていること、朝方に国道を通る人物から予想すると居住地は少し離れている?京都縦貫自動車道に乗ろうとしていた?インターチェンジ付近にはNあり、国道9号沿いには多くの店舗があるので防犯カメラの跡痕から車種特定が鍵か。デメリットしかないひき逃げで、何故被害者を救護することなく逃げたのか考えると飲酒運転などが思いつきます。人生一発ワンチャンにかけたかもしれませんが、これは時間の問題だと思います。その場をしのげれば証拠が出ないと考え逃走した可能性も考えられます、時間かせぎか?
オレ的プロファイリングでは車のホシは京都市近辺に住居拠点などをおく30~50代男。バイクのホシは雨の天候から考えると西京区近辺に住居拠点などをおく40~60代男。

今の過失死亡事故、ひき逃げなど現状法律では裁判結果がぬるすぎるかと思い、悪質なひき逃げには厳罰化を望んでる被害者遺族は多いと思います。
正直者は何を見る?正直者はバカを見る!ってね?







亡くなられた方にはご冥福をお祈りします。



sGppOctNgseEwCL1475339294_1475339421




続報
警察は66歳のタクシー運転手の男をひき逃げなどの疑いで逮捕しました。
逮捕されたのは京都府亀岡市のタクシー運転手、川勝誠容疑者(66)です。

現場に車のエンブレムなどの破片が散乱していたことからひき逃げ事件として捜査していましたが、午前8時前になって現場付近をエンブレムが外れるなどした乗用車が走っているのを見つけ、運転していた川勝容疑者に事情を聴いたところ容疑を認めたということです。
調べに対して川勝容疑者は「ひき逃げをしたのは間違いありません。
怖くなって逃げました」と供述しているということです。
NHK

・ひき逃げ死亡事件の検挙率はほぼ100%に近く感じます。1台だけの関与だったのか気になりますが、バイクというのはホシを揺さぶる為の情報操作?逃走したホシがニュースなど見ないと分かりませんが、犯罪心理から考えても情報を操作してホシを揺さぶる行為はかなり効果があると思います。


続報2
川勝容疑者は約3時間後に現場を訪れ警察に事情を聴かれ「怖くなり逃げた」と容疑を認めている。
日テレ

・容疑者は3時間後の現場に戻っていたようで、事故を認識していて罪を感じていたと考えられ「怖くなり逃げた」という供述も嘘ではなさそうです。