f234f24f42ff無題
30日午前7時15分ごろ、益田市久々茂町の国道191号で、横断歩道を渡っていた小学生などの列に軽トラックが突っ込み、3年生の男の子(9)と付き添っていた近くの三原董充さん(73)の2人をはねました。
この事故で男の子が腕などに軽いけがをしたほか、三原さんも益田市内の病院で手当てを受けていましたが、頭を強く打っていて、31日午前5時すぎに死亡が確認されました。
警察は酒気帯び運転と過失運転傷害の疑いで逮捕した市内の会社員、山口伊佐男容疑者(62)から事情を聴くなどして詳しいいきさつを調べています。

調べに対し酒を飲んで運転したことを認めているということで、警察は今後、容疑を過失運転傷害から過失運転致死傷に切り替えることにしています
引用元
NHK


v34v23v3v3無題

vw3fgv23f3f3無題
事故現場は国道191号の交差点
・30日午前7時15分ごろ、横断歩道を渡っていた小学生と付き添っていた男性が軽トラックにはねられた事故。男性は死亡。軽トラックを運転していた男は酒を飲んで運転していたという。
他の報道では、亡くなった男性は33年前に現場近くで娘(7歳)を交通事故で失っており集団登校の見守りをしていたという。


vfg3f32f3f3無題
現場道路は制限速度50キロで直線



事故現場の交差点の隣には交通安全地蔵