首都高速ポルシェ衝突事故2

首都高速湾岸線で衝突事故 ポルシェ運転手「出しすぎちゃった」

2020年8月2日午前8時過ぎ、神奈川県川崎市川崎区扇島の首都高速湾岸線の東扇島インターから大黒方面に向けた西行きで、外国製高級車が乗用車に追突するような感じで衝突事故が発生、乗用車に乗っていた夫婦2人が死亡した速度超過が疑われる湾岸線での事故。外国製高級車に乗っていた会社役員の男は過失運転傷害の疑いで逮捕されましたが、某掲示板では色々な憶測が飛び交っている中、少しずつその詳細が分かってきました。


当初の報道ニュースを見た第一印象は、衝突部分が乗用車はリア側に対して高級車側はフロント部分だったことからも、車線変更時の衝突というよりも追突に近い感じに見えたのが印象的で、最初に思い浮かんだのは高級外車だったことから速度超過が原因のように見え、運転していた男の供述からは100キロ以上の速度が出ていたとのこと。どういう状況だったのか簡単にまとめてみたので、現場の場所からSNSでの動画状況など、情報を整理して伝えてみます。


首都高速ポルシェ衝突事故1

「2日午前8時過ぎ、川崎市川崎区扇島の首都高速道路・湾岸線の西行きで、オレンジ色の外車が黒い国産車に追突しました。この事故で、国産車を運転していた東京・江戸川区の内山仁さん(70)と妻の美由紀さん(63)が病院に運ばれましたが、2人とも死亡が確認されました。

 警察は、外車を運転していた東京・江戸川区の会社役員・彦田嘉之容疑者(50)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。警察によりますと、現場付近の法定速度が時速80キロなのに対し、容疑者は「100キロ以上出したことは間違いない」「出しすぎちゃった」と話し、容疑を認めているということです。」
引用元 TBSニュース記事から

亡くなったのは乗用車の夫婦2人!まだ情報が不足している事から、どの車線を走っていたのか断言はできないものの、結果的に見るととてもいたたまれない事故です。もし相当な速度超過が分かった際は、過失運転致死罪が適用されるのか、それとも危険運転致死傷罪として適用されるのかがかなり重要になっていて、三重県の速度超過が招いたタクシー衝突事故のように危険運転致死傷罪が適用されない場合もあることを考えると過失とは何か皆で考えるきっかけかもしれません。

【衝突した2台の車種】
・乗用車は「トヨタbB」
・高級外車は「ポルシェ911GT2RS?」

カラーリングから991型の最新モデルGT2RSと予想していますが、モデル的にレーシングカーと言っても過言ではない超ハイスペックマシン。車の値段は4千万超えとも言われていて会社役員の男は相当なお金持ちではないかと某掲示板では情報も出ている状況で、間違った情報を出している人も見受けられることから、宮崎木本の煽り運転事件のように全くの別人を犯人扱いしないか心配な面もでています。会社などの情報はほぼ特定されている状況で、何らかの関係者しか知らない情報も出ていました。

【衝突した箇所】
映像を見る限りでは、bB側の衝突箇所は壊れ具合からリア運転席側と予想でき、ポルシェ側は左ハンドル車の運転席側フロント部分が特に損傷が激しいように見えるので、何らかの形で避けきれずに追突した可能性有り。bBのリア部分を見るとフレームからリアシート辺りまでかなり潰れているのが確認でき、bBが走行中に後ろから追突される感じで衝突したとなると、想像を超えるような速度にも見えるので、2台の車の速度差がどれだけだったのか気になるものです。

事故現場


事故現場は首都高速湾岸線のマップを見た限りでも速度を出しやすそうな直線道路となっていて、制限速度は80キロの片側3車線。男の供述では「100キロ以上出したことは間違いない」ことから、速度超過がどの速度域まで出してたのか?その速度次第では色々な意味で状況を含めて変わってくると思うので、一番重要なことかもしれません。

首都高速ポルシェ衝突事故

そして気になるのがドライブレコーダー搭載車であったか?報道ニュース映像ではポルシェ側はフロント部分の映像がないことから不明となっていて、乗用車のbBは相当な衝撃があったと予想されますがフロントガラスはそのまま残っている状況。フロントガラスをよく見ると、車検ステッカーも確認でき、普通なら助手席側の上部分にドラレコを設置することから、設置箇所が助手席側だった場合は、映像を見る限りついていなかったように見えますが、エアバッグが作動して飛んでいった可能性もあります。

事故直前映像が他の車のドラレコに映っている可能性!

今やドラレコはどの車にも搭載している確立が高く、同じ時間に付近を走行していた車が必ずいると思うので解析してどういう状況だったのか、亡くなった人の為にも遺族の為にも死人に口なし状態だけは避けて真実を伝えてほしいものです。おそらくすでに第3者からのドラレコ映像は提供されていると予想され、なんらかの形で事故現場に一緒に止まっていたタンクローリー(最近のトラックにはほぼドラレコが付いている)のドラレコには何が映っているのか?これから報道ニュースであきらかにしてもらえることを望みます。

SNSの動画で状況が分かる?



ツイッターの動画には状況証拠の一つとなるような、どの車線を走行していたのか分かるような事故直後の映像がありました。その動画の20秒あたりを見ると3車線のうち一番右側にタイヤ痕が左車線に流れるように残っているのが確認できる点から、おそらくポルシェは右車線の追い越し車線を走っていたのではないかと予想できます。bBを避けようとして左車線側に?タイヤ痕はかなり長く映っているように見えるので、衝突する速度がどれだけ激しかったのかbBの損傷を見てもただの追突衝突にはオレ的には見えませんでした。



SNSには事故直後の道路を通過する画像や色々な情報が出ていますが、ドラレコの普及により状況が大幅に把握しやすくなったのも現状で、必ず誰かに見られているということを認識して運転してもらいたいものですね。今回の首都高湾岸線でおきた事故はどのような状況で、どれくらい速度を出していて衝突したのかが重要になってくると思いますが、車は故意に自分の意思で操作しないと動かないことからも、今後このような悲劇が起きない為にも速度超過での事故は煽り運転のように法的厳罰は必要ではないかと感じています。


この事故はどういう罪状で裁判されるのか裁判結果も気になるので、今後も報道ニュースの情報が入り次第伝えていくつもりです。


最後に亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。


【続報】

事故の状況があきらかに衝突の瞬間映像!



SNSに話題になっていたドラレコの映像は、どの車線にそれぞれの車両が走っていたのか衝突した瞬間まではっきりと映し出されていました。動画を見ると、当初は道路のタイヤ痕から追い越し車線をポルシェが走っていたと予想していましたが、実際は3車線の中央車線で前を走っていたbBに避け切れなかったポルシェが追突する感じで衝突したことにより、追い越し車線側にスリップした際のタイヤ痕ができた状況。

とりあえず一つだけ言える事は、bB側の夫婦は何も落ち度がない点があきらかに!普通に走行しているところに猛スピードの容疑者の車に追突されている事から、状況が全くわからずに事故に巻き込まれてしまったように見えます。そして気になるのがニュースではあきらかになっていなかった、第3車のトラックの存在!ありえない猛スピードのポルシェが接近していたせいか、見落としかは今の所不明ですが、追い越し車線にトラックが車線変更したことにより事故が起きたようにも見えます。ただ事故を誘発した場合は、事故を誘発したとして逮捕案件なことから誘発したとはとらえられていない現状。でもオレ的にはこのトラックの運転手がしっかりとポルシェの速度を見誤らずに車線変更をしなければ悲惨な事故が避けれた事を考えると、速度超過が一番悪いのは当たり前なものの、こういう車線変更は少し考えさせられるのではないでしょうか。ちなみに高速道路でトラックが車線変更をした際に避けて起きた全く同じような衝突事故がSNSで話題になっていて、追い越し走行中に目の前に車線変更をする車が多いことをものがたっているかもしれません。

そして一番重要な衝突時の速度!2台の車の破損状況からすると、止まっている車にノーブレーキの車が突っ込んだような壊れ方をしている点から、かなりの速度差があったように思っていましたが、衝突直前を見るとノーブレーキで200キロ近い速度(オレ予想190~220キロ)で走行しているように見えました。走行中の車に追突してあの破損の仕方はとにかく異常な感じで、速度差は動画を見るだけでもよくわかりますが、トラックが車線変更した時に容疑者はブレーキを何故かけなかったのか?が謎で、もしかするとブレーキをかけても衝突することは見えていたため、惰性ハンドル操作をとったのかもしれません。ちなみに事故が起きてから、SNSでは以前より湾岸線で危ない速度で走っているポルシェの目撃情報が多くあり、もしそれがカラー特徴から同一人物だった場合は、速度超過の常習性がうかがえるので、その点はしっかりと調べてほしいものです。以前から目撃が意外と多いのにビックリしました。


今回の続報としてのドラレコ動画の映像は、被害者の亡くなった夫婦は何も悪くないことだけは良くわかり、容疑者の男の悪質な速度超過が判明したので、これから実況検分などの正確な衝突時の速度がわかり次第また伝えてみたいと思います。