ドラレコ速報 事故ニュースまとめ

ドラレコの危険・事故映像の紹介をしていこうと思います。
ひき逃げニュースや事故のまとめもしていますので
お気に入りに追加よろしくお願いします。相互RSS大募集

    ドラレコ

    d1d1d1d1
    ドラレコ ライフとエブリィの正面衝突の瞬間映像
    片側1車線の道路でライフが反対車線に飛び出しエブリィと正面衝突の瞬間映像。ライフの運転手は18歳らしく、ブレーキをかけている様子がないように見え、どこを見ていたのか気になります。映像を見る限りかなりヤバミな感じがしますが、2台の運転手とも軽症という。
    2本目は片側2車線の道路で、無理な右折をしたフィットがトラックと衝突する映像。衝突したはずみで自転車の男性を巻きこみますが、危機一髪で回避!これ後少しで大惨事になっていたように見え大変危険な映像です。自分が気をつけていても相手が危険意識がないと事故につながるように思います。

    【【ドラレコ】軽自動車が反対車線に飛び出し正面衝突の瞬間映像】の続きを読む

    g4w3g4g4
    ドラレコ Uターンタクシーとバイクの衝突の瞬間
    片側2車線の道路でUターンするタクシーにバイクが衝突してしまう映像。タクシーは左車線からUターンしていて、後ろを見ていたのか疑問に思います。バイク男性は三回転半くらいして道路に叩きつけられますが、頭を強打しているようにも見え大丈夫だったのか?赤いズボンの男性がすぐに来て的確な応急救護をしているのにも関わらず、運転手は何をしているのか謎です。
    2本目は駐車場でバックして当て逃げする映像。ナンバー車種、運転手の顔まで映っていることから、ドライブレコーダーの重要性がわかると思います。当たっているのを気づいているのに逃走したとなると悪質。

    【【ドラレコ】Uターンタクシーとバイクが衝突 頭強打か!?】の続きを読む

    f23f23f3f
    ドラレコ 飛び出して転倒する男性
    場所は交差点近くの道路で車の陰から飛び出して来た男性が道路上で転倒する映像。動画投稿者によると、毎朝ゴミを拾っている方らしく何故近くに横断歩道があるのに車の陰から出てきたのか?一歩間違えれば惨事になりかねない危険な映像です。
    2本目はスクーターDQNが襲い掛かってくる映像。動画投稿者によるとペットボトルを投げつけてきて車のフェンダーを蹴ったという。車を蹴る瞬間には「ブチ●すぞ!この野郎!」という脅迫もしていて、何故こんなにDQNがブチギレているのか?この前の映像で何があったのか非常に気になります。走り去る際のスクーターの乗り方がかっけええ! 

    【【ドラレコ】車の陰から飛び出して道路で転倒 危険すぎ!】の続きを読む

    t23rf23f23f32f
    ドラレコ デリカでいきがった末路!車蹴られて逃げるはめに
    関越自動車道で、ベンツの前に車線変更しようとしたデリカが最終的に車を蹴られて逃げるはめになった動画。事のはじまりはデリカの無理な車線変更が原因のように見え、ベンツを追い回すような行動をした結果に見えます。デリカはPAに入ろうと左車線を走りたかった?ベンツは新型CLS63AMGの超高級車。逃げるなら最初から普通に左車線に入ればよかったものを謎です。
    2本目は3車線の道路で、一番左車線から右車線に強引に車線変更した衝突事故の動画。車線変更する際に、右側を全く見ていない?動画投稿者の「どこ見とるんだが~」と怒るのも納得できる映像で、よくある光景に思えます。


    【【ドラレコ】ベンツの前に車線変更しようとした結果 車蹴られて逃走】の続きを読む

    fe42f23f3f3
    動画 細い通学路をクラクションを鳴らし暴走するDQN
    中学生が多数(30人くらい)いる通学路をクラクションを鳴らしながら猛スピードで暴走するマークXの映像。中学生達は逃げ惑いとても危険な様子が映し出されていて、早急に対処しないと大変なことになるように感じます。問題の道路はスクールゾーンになっていて車通行禁止の時間帯がある場所。

    動画では時間がわかりませんが、状況から何らかの違反になるかと思われます。DQN?マジキチ?もし元アカウントに殺意をほのめかすような「こいつら引いたろか」などというツイートがあった場合、とある罪になり立証できるかが鍵か?オレ的EYEで見ると、車は小刻みにハンドルを左右にきっているように見えて、狙うように故意にやっている?
    マップから中学生達は門真市立第2中学校の生徒!?こんな危険な運転を放置しといたら、取り返しのつかない事態に発展するンゴよ!

    【【動画】通学路を猛スピードで暴走するDQNと逃げ惑う中学生達(大阪)】の続きを読む

    このページのトップヘ