ドラレコ速報 事故ニュースまとめ

ドラレコの危険・事故映像の紹介をしていこうと思います。
ひき逃げニュースや事故のまとめもしていますので
お気に入りに追加よろしくお願いします。相互RSS大募集

    クラクション

    f23f23f23f3無題
    大阪府門真市内の通学路を車がクラクションを鳴らしながら猛スピードで走る様子を車内から撮影した動画が、ツイッターなどインターネット上に公開されていることが25日、分かった。
    下校中の小中学生らが慌てて車を避ける様子も写っていた。大阪府警門真署は、運転していた人物らの割り出しを進めている。

    門真市教委などによると、動画が撮影されたのは、同市立第二中学校と市立沖小学校の校区内の通学路。5月19日、下校直後の中学生から「危険な目に遭った」と学校に申告があった。
    けが人はなかった。

    【【大阪】通学路で暴走運転の動画「どけコラ、お前ら」全国ニュースに! 門真市】の続きを読む

    fe42f23f3f3
    動画 細い通学路をクラクションを鳴らし暴走するDQN
    中学生が多数(30人くらい)いる通学路をクラクションを鳴らしながら猛スピードで暴走するマークXの映像。中学生達は逃げ惑いとても危険な様子が映し出されていて、早急に対処しないと大変なことになるように感じます。問題の道路はスクールゾーンになっていて車通行禁止の時間帯がある場所。

    動画では時間がわかりませんが、状況から何らかの違反になるかと思われます。DQN?マジキチ?もし元アカウントに殺意をほのめかすような「こいつら引いたろか」などというツイートがあった場合、とある罪になり立証できるかが鍵か?オレ的EYEで見ると、車は小刻みにハンドルを左右にきっているように見えて、狙うように故意にやっている?
    マップから中学生達は門真市立第2中学校の生徒!?こんな危険な運転を放置しといたら、取り返しのつかない事態に発展するンゴよ!

    【【動画】通学路を猛スピードで暴走するDQNと逃げ惑う中学生達(大阪)】の続きを読む

    f23f23f233f3
    ドラレコ 高速で危険な運転を繰り返すクラウン
    車には前と後ろにドライブレコーダーが設置されているようで、よく見るとクラウンがブチギレるような急ブレーキした?後方ドラレコの映像では、後ろから猛スピードのゼロクラウンがパッシングしながら動画アップ主の車に急接近、その瞬間ブレーキを踏んだ?それからゼロクラの動きが激しくなったように見えます。前方ドラレコを見ると、割り込んで急ブレーキ、蛇行を繰り返し走り去っていく様子が映っています。とりあえず危ない!
    2本目は駐車場から出てくる軽自動車とバイクの衝突事故の瞬間。最近では、バイク乗りのウェブカメラの普及によりこういう事故動画が増えてきているように思います。

    【【ドラレコ】高速で危険な運転をするクラウン DQNが切れた原因は?】の続きを読む

    f23f23f23ff3
    動画 ニュースになった名古屋市の事件の映像
    アルファードに乗った男がパトカーに衝突させたりする映像で、ニュースにもなった事件。ニュース記事を見ると、職務質問から逃走しようとした際の出来事のようで、バスの車内は騒然としている様子。容疑者は「分からない」と話していて、何故こんなことをしたのか分かりませんが、警察24時にも出てきてもおかしくない映像に見えます。
    2本目は修羅の国での出来事、タクシーにクラクションを鳴らした所、ゼロクラウン?マークX?が自分に鳴らされたと勘違いして急停車、降りては来ませんが威嚇している映像。危険回避の為に鳴らしたのに、こういう事もあるのでどうしたらいいのか?考えさせられる映像です。

    【【動画】警察24時!車を暴走させるDQNが捕まる瞬間映像 愛知県名古屋市】の続きを読む

    h45h45h5h5
    ドラレコ 割り込み?クラクションならした結果

    ウインカーを出さずに突然割り込み?してきたVWにクラクションならした結果、信号待ちで降りてくる映像。降りて来た男性は「おまえが割り込みしてから」といっていることから、もしかしたら不自然に編集されたこの動画の前に何かあった?何の原因もなく急に割り込み急ブレーキをしてきたらガチでヤバイように感じます。クラクションは相手を怒らす効果があるので、無闇に鳴らさないほうがいいと思うンゴ。
    2本目は直線道路で、突然EKワゴンが歩道寄りに走りガードパイプに衝突する映像。アクセルとブレーキの踏み間違い?これ歩道に歩行者がいたらかなり危険な状態で、ガードパイプの大切さがわかる映像。

    【【ドラレコ】割り込みにクラクション鳴らした結果 降りて来た!】の続きを読む

    このページのトップヘ