ドラレコ速報 事故ニュースまとめ

ドラレコの危険・事故映像の紹介をしていこうと思います。
ひき逃げニュースや事故のまとめもしていますので
お気に入りに追加よろしくお願いします。相互RSS大募集

    ドラレコ

    h45h45h5h5
    ドラレコ 割り込み?クラクションならした結果

    ウインカーを出さずに突然割り込み?してきたVWにクラクションならした結果、信号待ちで降りてくる映像。降りて来た男性は「おまえが割り込みしてから」といっていることから、もしかしたら不自然に編集されたこの動画の前に何かあった?何の原因もなく急に割り込み急ブレーキをしてきたらガチでヤバイように感じます。クラクションは相手を怒らす効果があるので、無闇に鳴らさないほうがいいと思うンゴ。
    2本目は直線道路で、突然EKワゴンが歩道寄りに走りガードパイプに衝突する映像。アクセルとブレーキの踏み間違い?これ歩道に歩行者がいたらかなり危険な状態で、ガードパイプの大切さがわかる映像。

    【【ドラレコ】割り込みにクラクション鳴らした結果 降りて来た!】の続きを読む

    h45h34h34h34
    前から逆走車がくるものの、「邪魔だよ!おまえばかやろう」といい避けなかった結果の映像。横を通過するときに衝突音がしているのがわかり、動画投稿者によると右ミラーを当て逃げされたという。渋滞中にこういう逆走する車を見る人も多いかと思いますが、こういう場合の衝突事故、保険の割合が非常に気になります。

    2本目はとある峠で猛スピードで走る車の映像。反対車線に出たり、とにかく危険な運転で峠族?ドリ車ではなくグリップ派のように見えます。几帳面な性格なのか動画に場所まで明記していますが、こういう動画をアップする人って、危険な運転をしている認識が全くないのか?不思議です。

    【【ドラレコ】逆走車が来て避けなかった結果 当て逃げ?】の続きを読む

    b34b34b34b
    ドラレコ 首都高で危険な走行して衝突の瞬間

    首都高速湾岸線であきらかに周りの車との速度差がある車が、車線変更しようとしたトラックに衝突しそうになり側壁にぶつかった?映像です。動画の右下を見ると、ドラレコにGPSが内臓されているタイプで速度と緯度経度、日付が出ています。動画から逮捕された人が過去に何人かいたような記憶がありますが、どうなっちゃうんでしょうか?気になります。トラックとぶつかったのか側壁とぶつかったのか映像では判断できませんが、もしぶつかっていた場合、届けないと交通事故届出義務違反になっちゃうような~届けていても後で、この動画がみつかったら・・・
     2本目は停止中のトラックにノーブレーキの車が突っ込む瞬間映像。前を見ていなく何を見ていたのか気になります。


    【【ドラレコ】首都高で危険な走行をした結果 170キロ以上?】の続きを読む

    vev32v3v3
    ドラレコ 細い路地での自転車との衝突事故映像
    細い生活道路の信号のない丁字路交差点での衝突事故。「かもしれない運転」がどれだけ大事がわかる映像で、自転車の小学生が突然飛び出してきて衝突。低速で走っていてもこういう事故は起こるので、人事ではない感じがします。どう見ても自転車の少年は小学生で、ヘルメットは必須ではないのか疑問で、地域によってかぶらなくてもいいのか気になります。
     2本目は信号で停車中のバイクに車が衝突する映像。こういう事故の原因、前を見ていなかったことは確実だと思いますが、運転中に何を見ていたのか非常に気になります。被害者は捻挫なので人身事故

    【【ドラレコ】自転車の子供の飛び出しで衝突事故】の続きを読む

    brb4b4b4
    ドラレコ 道路で待ち構えてバイクに蹴りをいれるDQN
    道路のど真ん中で待ち構える男、前のバイクにも蹴りをいれようとしている様子で、動画アップ主のバイクにも蹴りを入れている瞬間。これもしバイクに当たって転倒して運転手がケガをした場合、殺人未遂になるんじゃない?気になるのは、山のような道路の隅に複数台の車があり謎です。普通の人は走行中のバイクに蹴りが決まったらどうなるか想像がつくもので、バイクを転ばせてやろうという目的に見え悪質さはかなりのもの。
    2本目は、赤信号を青だったと言い張る前田さんの映像。バイクの前田さんが信号交差点で車と衝突、その際に車側が信号無視をしたと主張したという。自分が不利にならない為に嘘をついた?ドライブレコーダーをつけていた結果、動かぬ証拠になったようでその時の前田さんはどういう反応をしたのか気になります。自分を守る為だったら平気で嘘をつく?

    【【ドラレコ】道路に立ちバイクに蹴りをいれるDQN!やばすぎる】の続きを読む

    このページのトップヘ