ドラレコ速報 事故ニュースまとめ

ドラレコの危険・事故映像の紹介をしていこうと思います。
ひき逃げニュースや事故のまとめもしていますので
お気に入りに追加よろしくお願いします。

    ハイブリッド車

    無f24f24f244f題
    走行音が静かなハイブリッド車や電気自動車は歩行者との事故の危険性が高いとして、国土交通省は販売されるすべての車にガソリン車と同じレベルの走行音を出して周囲に接近を知らせる装置の装着を義務づけることを決めました。

    ハイブリッド車や電気自動車などモーターで動く車はガソリンエンジンで動く車と比べて走行音が静かです。視覚障害者や歩行者からは接近に気付きにくく危険だという声が上がっています。

    【ハイブリッド車や電気自動車に走行音装置を義務づけへ】の続きを読む

    m,lmk

     国土交通省は1日、走行音が静かなハイブリッド車(HV)などの接近を歩行者に音で知らせる「車両接近通報装置」の搭載を、自動車メーカーに義務付ける方針を固めた。国連機関で3月ごろ成立する音量などの国際基準を踏まえ、2018年にもHVや電気自動車(EV)、燃料電池車といったモーターで走行できる新型車に適用する。

     高齢者や子どもら歩行者と自転車の安全対策を強化するのが狙いで、道路運送車両法の保安基準を改正する。国際基準を満たした装置を搭載していない新型車は、国内で販売できなくなる。中古車などは対象外となる。
    【ハイブリッド車に接近通報音、義務化 18年にも、新型車対象】の続きを読む

    carlineup_prius_grade_2_01_lb

     トヨタ自動車は18日、4代目となる新型プリウスが発売から約1カ月で、月販目標(1万2000台)の8倍強に当たる約10万台を受注したと発表した。トヨタは「期待を上回る受注をいただいた」(広報部)とし、好調な立ち上がりとみている。


     発売時に約6万台の事前受注があり、さらに台数を積み上げた。同様の期間で約18万台を受注した3代目には及ばないが、当時と比べてハイブリッド車(HV)の車種が拡充している。

     いま注文しても、納車までは6~7カ月程度かかる見込みという。製造する堤工場(愛知県豊田市)では生産能力を増強している。今後は海外への輸出も本格化する。


    【新型プリウス 新型発売1カ月で10万台受注 納車7カ月待ち】の続きを読む

    このページのトップヘ