ドラレコ速報
市原市内のドライブスルーで下半身を露出したとして今年1月、公然わいせつ容疑で千葉県警に逮捕された県水道局福増浄水場の主査(46)について、県水道局は12日、停職2カ月の懲戒処分にしたと発表した。

同局によると、主査は1月4日午後6時25分ごろ、車で市原市のファストフード店を訪れ、ドライブスルーで商品を受け取る際、対応した20代の女性店員=県内=に下半身を露出したとして同月27日、市原署に公然わいせつ容疑で逮捕された。3月8日に千葉簡裁から罰金10万円の略式命令を受けている。

【【千葉】ドライブスルーで下半身露出した水道局職員・停職2ヶ月】の続きを読む