無fgggfffg3fwfww題

 26日午前8時40分ごろ、京都府亀岡市余部町の京都縦貫自動車道の上り線で、軽乗用車を運転していた男性から「消火器が道路上に落ちている」と道路の管理会社を通じて警察に通報が
ありました。

 警察が調べたところ、付近の道路上に合わせて5本の消火器が落ちているのが見つかりました。警察によりますと、通報した男性は当時、片側2車線の左側の走行車線を走っていて前方に消火器が落ちているのに気付き、慌てて車線を変えたところ、上から別の消火器が落ちてくるのを目撃したということです。けが人はいませんでした。


【京都縦貫自動車道 橋から消火器5本落とした疑い 悪質ないたずらか?】の続きを読む