無f32f23f2r2題
17日午前8時前、東京・町田市鶴間の交差点で、横断歩道を渡っていた近くに住む小学1年生、倉田遼太郎くん(7)が左折しようとしたダンプカーにひかれました。警視庁によりますと、
倉田くんは登校途中で、頭を強く打って病院に運ばれましたが、およそ2時間後に死亡しました。

ダンプカーはその場から走り去り、警視庁がひき逃げ事件として捜査していたところ、およそ30分後に現場から3キロほど離れた路上で警察官が発見したということです。

警視庁は60代の運転手の身柄を確保して事情を聴いていて、容疑が固まり次第、ひき逃げなどの疑いで逮捕する方針です。


【【東京】ダンプカーがひき逃げ 小学1年生死亡 町田市】の続きを読む