無fwfbdbcxz題

中国の首都・北京で第2環状線の全長33キロをバイクに乗って13分間で爆走する暴走族「二環十三郎」との異名をもつ30歳の男が逮捕され、禁固3か月、罰金3000元(約6万円)を科されたことが分かった。

中国で暴走族の存在がニュースで報じられるのは極めて異例で、暴走族が大きな社会問題化しているとみられる。北京紙「新京報」が報じた。

逮捕された暴走族の男は江西省出身で、2009年に大学を卒業後、自動車会社に勤務したものの、バイクによる暴走が習慣となり、会社を辞め、出稼ぎで北京に定住。親からの仕送りを頼りに、暴走を繰り返していた。
【【中国】爆走!現在、空前の暴走族ブーム・・・「日本のかつての暴走族が中国の暴走族の原点になっているようですね」】の続きを読む