ドラレコ速報 事故ニュースまとめ

ドラレコの危険・事故映像の紹介をしていこうと思います。
ひき逃げニュースや事故のまとめもしていますので
お気に入りに追加よろしくお願いします。

    危険

    brb4b4b4
    ドラレコ 道路で待ち構えてバイクに蹴りをいれるDQN
    道路のど真ん中で待ち構える男、前のバイクにも蹴りをいれようとしている様子で、動画アップ主のバイクにも蹴りを入れている瞬間。これもしバイクに当たって転倒して運転手がケガをした場合、殺人未遂になるんじゃない?気になるのは、山のような道路の隅に複数台の車があり謎です。普通の人は走行中のバイクに蹴りが決まったらどうなるか想像がつくもので、バイクを転ばせてやろうという目的に見え悪質さはかなりのもの。
    2本目は、赤信号を青だったと言い張る前田さんの映像。バイクの前田さんが信号交差点で車と衝突、その際に車側が信号無視をしたと主張したという。自分が不利にならない為に嘘をついた?ドライブレコーダーをつけていた結果、動かぬ証拠になったようでその時の前田さんはどういう反応をしたのか気になります。自分を守る為だったら平気で嘘をつく?

    【【ドラレコ】道路に立ちバイクに蹴りをいれるDQN!やばすぎる】の続きを読む

    hrehnerrn
    ドラレコ 交差点で小さな子供が飛び出し!急ブレーキ

    片側2車線の道路の交差点で、左折の車列から突然飛び出して来る子供を急ブレーキでギリギリセーフな映像です。信号がわからない子供?その子供の親は何をしていたのか気になりますが、一歩間違えればはねられていた危険な映像です。運転手の反応がよかったからこそ止まれた感じがします。動体視力と瞬発力のレスポンスが最高な運転手です!
    2本目はDQNの道路での危険行為の映像。タントはリアドア左右を開けた状態で走行、DQNがほぼ裸で道路を走ったり異常な状態に見えます。1人はパンツを降ろし全裸の瞬間あり!トヨタSAIに乗っている人物も仲間?おそらく動画か画像を撮っていて、2台ともナンバーおもっきり確認できます。ツイッター、youtubeの動画で逮捕になったニュースを見ていないのかな?とりあえず安全運転義務違反と公然わいせつ罪になるように見えます。状況証拠としては完璧!


    【【ドラレコ】交差点で小さな子供が飛び出して来る瞬間】の続きを読む

    t234tg234t32t
    動画 韓国で起きた急発進した車にはねられる瞬間

    「29日午後9時ごろ、銅岩駅で乗用車1台が出入り口に向かって突進し、通行人3人がひかれた。
    当時、現場近くにいた市民が撮影しネット上に掲載したとみられる映像では、他の車に追突して出入り口前の道路脇に車を止めた運転手(63)に対し、通行人らが車の助手席を開けて外に出るよう求めている。しかし、運転手は突然、再びアクセルを踏み込んだ。
    車は大きな音を立てて5メートル先の出入り口の階段に突進し、通行人3人が車にはねられた。韓国警察によると、運転手は事故当時、酒に酔っていた。」アクセルを吹かして急発進、人がはねられ宙を舞う瞬間映像。駅構内の地下通路まで暴走したら大惨事になっていた? 2本目の動画はある市バスがおもっきり信号無視して危険な映像。


    【【韓国動画】暴走車が人を巻き込みながら駅地下通路に突っ込む瞬間】の続きを読む

    無f32f42343f23題
    ドラレコ 猛スピードで縁石を乗り越えて逆走する軽自動車
    スーパーの駐車場から猛スピードで縁石を乗り上げて県道を逆走する軽自動車の動画。アクセルとブレーキを間違えてバックで駐車止めを乗り上げるシーンは恐怖に見えます。幸い事故などはなかったようですが、とても危険に感じます。周りの人が見ていることから相当な音だった?広島県福山市県道391号

     3本目は白バイの停止命令を無視して逃走する原付の話題動画で、免許を見せないってことは何かやましいことがあった?逃走した後の結末が気になります。


    【【ドラレコ】猛スピードでバックして逆走 アクセル踏み間違いか?】の続きを読む

    無bv4w3g423g42g題
    ドラレコ 逆走車の危険な走行シーン

    ・交差点での逆走車の危険な走行シーン。見ていると右折レーンを逆走してくる車が多いように見えます。最近、逆走車のドラレコ動画が多い感じしますが、ドラレコの普及しているのかそれとも逆走車が増えているのか謎です。まだ自分で気づいて戻る人はましで、そのまま気づかずに走行する人もいるので危険に感じます。4本目は交差点をノーブレーキ猛スピードで逆走して逃走する危険な映像。何をして逃げているのか気になります。

    【【ドラレコ】逆走車の危険走行シーン 】の続きを読む

    このページのトップヘ