fw2f23f3f
3年前、北海道小樽市で女性3人が死亡した事故で、酒に酔った状態で車を運転していたとして危険運転致死傷などの罪に問われた被告に対して、最高裁判所は上告を退ける決定を出し、懲役22年の判決が確定することになりました。

平成26年7月、小樽市で海水浴帰りの女性4人がはねられ、3人が死亡し1人が大けがをした事故では、札幌市の海津雅英被告(34)が酒に酔って正常な運転が困難な状態で車を運転していたとして危険運転致死傷とひき逃げの罪に問われました。

【【裁判】飲酒でひき逃げ3人死亡 懲役22年の判決 北海道・小樽市】の続きを読む