9HkN0Rn
 富山県南砺市で2014年、国道脇の木が倒れ通行中のスポーツカー「トヨタ2000GT」を直撃、大破した事故で、倒木は道路管理者である富山県の責任として、車を所有していた奈良県の
男性が11日までに、車の代金など約3900万円の損害賠償を求め奈良地裁に提訴した。7日付。

 訴状によると、事故は14年6月8日、富山県南砺市の国道156号で発生。男性は事故の3カ月前に車を約3500万円で購入していた。国内では100台程度しか流通していないという。

【【富山】トヨタ2000GTに倒木が直撃 県を提訴 国道156号】の続きを読む