gh34gh34g4g

徳島県美馬市の国道トンネルで2016年5月、居眠り運転をして対向車と衝突し、5人を死傷させたとして、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死傷)に問われた前美馬市長の牧田久被告(75)に対し、徳島地裁は24日、禁錮4年6月(求刑・禁錮7年)の実刑判決を言い渡した。

去年5月、美馬市のトンネルでワゴン車を運転中に居眠り状態に陥り、対向車線の軽乗用車と正面衝突。軽乗用車に乗っていた4人のうち男女3人を死亡させ、残る1人とワゴン車に同乗していた妻にも重傷を負わせた過失運転致死傷の罪に問われていた。

【【裁判】居眠り運転で5人死傷事故で元市長に禁錮4年6か月の実刑判決 徳島】の続きを読む