ドラレコ速報 事故ニュースまとめ

ドラレコの危険・事故映像の紹介をしていこうと思います。
ひき逃げニュースや事故のまとめもしていますので
お気に入りに追加よろしくお願いします。相互RSS大募集

    新型プリウス

    無f234f24f2422題
    ドラレコ 交差点事故 新型プリウスと営業車の衝突事故
    ・信号のない交差点事故、優先的に見ると営業車なのでプリウスの飛び出し?それとも草が死角になりよく右側を確認せずに出た為か?田んぼに落ちてますが、ケガがなかったのか心配です。おそらく営業車も衝突を回避しようとハンドルを右に切っているように見えます。自分は気をつけていても事故はいつどんな状況で起きるかわからないので、かもしれない運転を心掛けたほうがいいと思います。




    【【ドラレコ】交差点事故 新型プリウスと営業車が衝突 田んぼに突っ込む】の続きを読む

    carlineup_prius_grade_2_01_lb

     トヨタ自動車は18日、4代目となる新型プリウスが発売から約1カ月で、月販目標(1万2000台)の8倍強に当たる約10万台を受注したと発表した。トヨタは「期待を上回る受注をいただいた」(広報部)とし、好調な立ち上がりとみている。


     発売時に約6万台の事前受注があり、さらに台数を積み上げた。同様の期間で約18万台を受注した3代目には及ばないが、当時と比べてハイブリッド車(HV)の車種が拡充している。

     いま注文しても、納車までは6~7カ月程度かかる見込みという。製造する堤工場(愛知県豊田市)では生産能力を増強している。今後は海外への輸出も本格化する。


    【新型プリウス 新型発売1カ月で10万台受注 納車7カ月待ち】の続きを読む

    carlineup_prius_grade_grade5_2_01_pc

    トヨタ自動車は9日、看板のハイブリッド車(HV)「プリウス」の新型車を発売した。6年半ぶりに全面改良した4代目プリウスの燃費は、最も良いモデルで国内最高のガソリン1リットルあたり40キロ。事前に予約を受け付けており、納車待ちが4カ月近い人気という。

     エンジンの燃焼効率をよくし、モーターを回す電気の損失を抑えることなどで、3代目よりも燃費を2割ほど改善した。同社のより小型のHV「アクア」などに奪われていた燃費国内トップの座を取り戻す。

    【新型プリウス発売 予約殺到、納車待ち4カ月 トヨタ】の続きを読む

    無443232222題


    トヨタ自動車は13日、主力ハイブリッド車(HV)の新型「プリウス」を国内で初めて公開した。

     カタログ上の燃費性能は最も良いタイプでガソリン1リットルあたり40キロ・メートルとなる見通しで、現行モデル(32・6キロ・メートル)より2割以上向上させる。
    国内では12月に発売し、2016年1月以降、北米など世界の主要市場に順次投入する。

     現在、国内で販売している乗用車の中で最も燃費が良いのは、トヨタの小型HV「アクア」とスズキの軽自動車「アルト」の37キロ・メートルだが、新型プリウスはこれを上回り、国内最高となる。

    【【話題】 新型「プリウス」リッター40キロ 12月に国内販売】の続きを読む

    このページのトップヘ