ドラレコ速報 事故ニュースまとめ

ドラレコの危険・事故映像の紹介をしていこうと思います。
ひき逃げニュースや事故のまとめもしていますので
お気に入りに追加よろしくお願いします。

    新型

    no title

    東京モーターショーの東ホールにあるスズキブースで、待望の「アルト ワークス」が参考出品車として展示された。
    参考出品となっているが、現行車の展示と同じ場所にあるのでクルマを間近に見られるのはもちろん、車内に乗り込むことも可能だ。

     さて、気になる仕様についてだが、「アルト ターボRS」と比べて外観ではフロントグリルの形状変更、ボディーカラーはシルバーを採用している。内装に関しての大きなポイントは運転席、
    助手席にレカロ製シートを採用しているところ。フロアマットは「WORKS」ロゴが入った専用品が使われていた。
    リアシートはRSと同じ形状となっている。ダッシュボード、コンソール、ドアトリムまわりはシンプルに黒を基調にしている。
    【【東京モーターショー】スズキ、アルトワークスを参考出品 ターボエンジン&5速MT搭載】の続きを読む

    964558

    米国の自動車最大手、GMのシボレーブランドは11月、米国ラスベガスで開催されるSEMAショー15において、新型『カマロ』の「パフォーマンスパーツ」を初公開すると発表した。

    パフォーマンスパーツは、新型カマロ用にシボレーが開発した新たな純正用品。カマロの走行性能を引き上げるべく、開発が行われた。今秋の新型カマロの米国発売に合わせて、設定される。

    新型カマロに用意されるのは、パフォーマンスエグゾースト、サスペンションキット、ブレンボ製ブレーキ、エアインテーク、エンジンカバーなど。
    パフォーマンスエグゾーストは、V型6気筒とV型8気筒の両ガソリンエンジンで選択可能。スポーティなサウンドが追求される。


    【【話題】シボレー カマロ 新型に「パフォーマンスパーツ」…スポーツ性向上】の続きを読む

    965127

    ホンダの海外向け高級車ブランド、アキュラは10月26日、米国向け新型『NSX』の最終スペックを発表した。

    新型NSXは2015年1月、デトロイトモーターショー15で初公開。新型NSXは、軽量ボディのミッドシップに、
    新開発の直噴3.5リットル(3493cc)V型6気筒ツインターボエンジンを搭載する。

    高効率・高出力の3モーターハイブリッドシステム、「スポーツハイブリッド SH-AWD」を採用。フロントにモーターを2個、
    リアに9速デュアルクラッチトランスミッションと一体設計する形で1個、合計3個のモーターをレイアウトした。


    【ホンダ NSX 新型、米国仕様は573馬力に決定…最高速は307km/h】の続きを読む

    bsa1510250800001-p3

    トヨタ自動車が12月初頭に発売を予定している新型プリウス。

     同社は先頃、「圧倒的な環境性能に、TNGAによる走る楽しさ、かっこよさを加えた新しいクルマの先駆け」として、4代目プリウスに投入した新技術の数々を公開しました。

     Click here to view the embedded video.

     今回はその中から、エクステリアやインテリアを中心に新たに織り込まれたポイントとなる部分を見ていきたいと思います。

    【【話題】新型プリウスがテンガ(TENGA)を導入】の続きを読む

    crwa1510_01_W374_H250
     トヨタ自動車が1日、世界初の新技術運転支援システム「ITSコネクト」を搭載することができる新型クラウンを発表した。

     この技術は、運転席からは見えない車や人の存在を道路につけられたカメラなどから情報を得て、車内のドライバーへ映像と音で伝えることができる。去年起きた交通事故は約57万件。そのうち約13%は曲がるときに起きている。
    【【話題】新型クラウン発売 新システム「ITSコネクト」搭載】の続きを読む

    このページのトップヘ