f32f3f2f2
大阪市東住吉区のガソリンスタンドで今月7日、男性従業員が車にひき逃げされて死亡する事件があり、大阪府警交通捜査課は14日、自動車運転処罰法違反(過失致死)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、同市生野区巽東、無職、松本健治容疑者(39)を逮捕した。
「ぶつかったショックで何が何だか分からなくなって逃げた」と容疑を一部否認しているという。

逮捕容疑は7日午前9時45分ごろ、同市東住吉区杭全(くまた)のガソリンスタンド前の歩道で、給油を終えた乗用車を誘導していた従業員の小林浩司さん(55)=同市城東区関目=をはねて死亡させたのに、そのまま逃走したとしている。

【【大阪】GS従業員ひき逃げ事件で男(39)逮捕 東住吉区】の続きを読む