無fwef3w3ff33333題

和歌山県警交通指導課には暴走族対策に特化したバイク「黒豹ひょう」に乗って取り締まりに当たるチームがある。
2000年代、各県警はこうした専門チームを相次いで誕生させたが、黒豹は先駆けといえる存在。近年、暴走族は減少傾向で専門チームを解散する県警も出ているが、和歌山県警では暴走族捜査だけでなく、非行少年が道を誤らないよう働きかけるのも大切な任務と位置づけ、確かな存在感を示し続けている。

 捜査上の秘密でチームの人数は公表していないが、白バイ勤務などの後、さらに特殊な訓練を積み、運転技術が特に優れた警察官たちで構成する。主力は力強い加速を見せる大型の黒塗りバイク「黒豹」が担い、シルバーの車体で小回りが利く中型バイク「銀虎」も連携して、街中の暴走車両を追いつめる。

 暴走族取り締まりでは、自らの安全はもちろん、暴走車両に乗った者の安全確保も大事な任務。和歌山市内にある県警の練習場では、黒豹チームが編隊を組んで、実際の路上でどのように効果的に行動を制止させるか、地道な訓練を重ねている。

【暴走族対策 和歌山県警の黒塗りバイク「黒豹」最強 まず逃れられない】の続きを読む