オートバイでスピード違反を繰り返し、速度違反自動取締装置(オービス)に4カ月間で18回撮影されたとして、大阪府警交通指導課などは8日、道交法違反(速度超過)容疑で、大阪府豊中市旭丘のトラック運転手、吉本有輝容疑者(22)を逮捕した。


 府警によると、オービスの画像を解析して車種を割り出し、違反が集中していた平日の早朝に周辺を張り込みナンバーを確認。尾行して勤務先を特定した。

【【ニュース】大阪 オービス撮影18回 DQNオートバイ男逮捕 張り込み 尾行で特定】の続きを読む