無eeeewwww題

開業50年を迎えたマツダの三次自動車試験場(広島県三次市東酒屋町)で19、20両日、ファンや市民を集めた内覧会と記念イベントが開かれ、2日間で約4000人の親子連れらでにぎわった。

 三次試験場は1965年5月に開業、敷地面積は170万平方メートル。
当時、マツダは試験場用地を探しており、広島県呉市や大竹市なども候補地として上がったが、広大な土地を確保できる三次市の現地が選ばれたという。
【【広島】 マツダの名車大集結 開業50周年イベント】の続きを読む