ドラレコ速報 事故ニュースまとめ

ドラレコの危険・事故映像の紹介をしていこうと思います。
ひき逃げニュースや事故のまとめもしていますので
お気に入りに追加よろしくお願いします。相互RSS大募集

    DQN

    f24f24f24f
    14日午後9時ごろ、宮城県大崎市で、警察車両に追跡されていた盗難車が交差点に進入した際、左右から来た車2台と衝突しました。
    この事故で、合わせて3人が軽いけがをしました。

    盗難車は、事故の直前に隣接する宮城県涌谷町で盗まれたもので、10代の少年少女ら6人が乗っていました。

    【【宮城】DQN少年ら6人が乗った盗難車が衝突事故 3人ケガ 大崎市】の続きを読む

    f32f23f3f
    ドラレコ 横断歩道で子供が右折車にはねられる

    交差点の横断歩道を歩いていた親子、勢いよく右折してきたプリウスに子供がはねられてしまう映像。対向してくる親子に気づいてなかったとなると、どこを見ていたのか非常に気になります。それにしても右折なのに速度の出しすぎに感じ、子供の泣き叫んでいる様子からケガは大丈夫だったのか?
    2本目はエルグランドとトラックの右折の順番を巡るトラブル?クラクションを鳴らしありえない所から右折するDQNエルグランドが、トラックの運転手に何かいっているようです。こういうトラブル系の動画で定番の窓から腕出しがまた様になっているンゴね。

    【【ドラレコ】横断歩道を歩いていた子供が右折車にはねられる】の続きを読む

    ドラレコ速報
    奈良県生駒市で17歳の少年ら3人を車ではね、殺害しようとしたとして20歳の男が逮捕されました。

    殺人未遂の疑いで逮捕されたのは住居不定・無職の塩見藍容疑者(20)です。警察の調べによると塩見容疑者(20)は今年6月、奈良県生駒市の路上で自身が運転する車で17歳の少年ら3人をはね、殺害しようとした疑いが持たれています。少年ら3人のうち、17歳と19歳の少年は頭に軽いけがを負い、22歳の男性は頚椎損傷の重傷です。車にはねられた少年3人は、塩見容疑者の弟らを含む20人規模でのけんかを引き起こしていて、そのけんかの現場に塩見容疑者が車で駆けつけ3人をはねたとみられます。

    【【奈良】弟の喧嘩に乱入か 少年3人が車にはねられ重軽傷 生駒市】の続きを読む

    fwqf3wf23f
    ドラレコ 横断禁止の道路の車列から飛び出して来る自転車
    道路を横断する自転車が車列の隙間から飛び出してはねられる瞬間映像。動画を見る限り、片側2車線の道路を横断する人などもいてなんで横断禁止標識を守らないのか謎です。はねられた現場のすぐ先には横断歩道があり、だろう運転をしていてもこれを避けれる人がどれだけいるのか?自転車の男性(中学生?)は車とぶつかって受け身のような態勢をして、すぐに起き上がることから大事には至ってないですが、こういう場合の過失が非常に気になります。自転車の交通ルールをもう少し真剣に考えてほしいとおもうンゴ。
    2本目は車間をつめたと怒鳴りながら降りてくる映像。マジキチ?とりあえず車間距離をつめたような映像はオレ的に見てもなく、ここまで激怒するような事はなかったように見えるンゴね。よくこういう激怒して降りて来るシリーズ物の動画は編集によって不自然に前の部分がカットされていますが、この動画は直前がカットされてないンゴよ。何かあってからではいけないので、早急に何らかの処置をしたほうがいいと思うンゴ。愛知県豊田市

    【【ドラレコ】道路を横断する自転車がはねられる瞬間 】の続きを読む

    fg32g3g3
    動画 公道で子供に車を運転させるDQN再び

    動画の内容は、公道で運転席に座る女児がハンドルを握り車を運転している様子が映し出されています。この光景、以前車を運転する男児バージョンがツイッターにあげられ茨城県の男が道路交通法違反の疑いで逮捕されたニュースがあった記憶があります。動画を撮っている女性と運転席にいる男性を考えるとDQN親の可能性が高く、一瞬映る右車線の車と風景から結構な速度が出ているように見えるンゴね。茨城の時は低速でしたが、今回の動画は速度的に危険に思い、こういう事をするDQNってニュースを見ていないのか疑問です。しゃべっている言葉を聞く限り、関西弁(大阪?)。

    2本目は毎朝、危険な運転を繰り返すハイエースの映像。目撃者も多いようで、大阪、奈良で暴走するような運転をしているとのこと!ナンバーも割れているようなので、元動画の説明欄に書いてある白いハイエースのナンバーをチェックして国道25号で見たら注意してください。



    【【動画】また公道で子供に車を運転させる動画が話題に】の続きを読む

    このページのトップヘ